ラスベガス 〜 旅するように暮らしてみれば

2009年05月03日

ニューヨークからラスベガスまで

今回のラスベガスに行った目的は、単純にグランドキャニオンの通過点。直接グランドキャニオンに行けないので、ラスベガスに2泊することになった。カジノ自体に興味がないので、ラスベガスでもやることがないなぁと思っていた。

朝、車でJFK空港に行き、車を止めて、電車に乗る。JFKはターミナルが大きくて電車が走っている。駅によって航空会社が違うので注意が必要。ちなみに「ターミナル」という映画もJFKだが、あんなに大きいターミナルがある事すら知らない。ANAのターミナルと、今回利用したUS Airwaysのターミナルはどちらも小さい。JFKからラスベガス国際空港に移動。国内線でも外国人なのでパスポートが必要。ビザもチェックされた。飛行機に乗ったけど、2列、2列のちょっと小さめの飛行機。

飛行機を降りたとたんスロットがある。何でそこでスロットをやる必要があるんだろうか。ホテルに行ってからでもできるよと言いたかった。

駅を降りて、バスに乗ってホテルまで移動。今回宿泊したホテルはサハラというかなりマイナーなホテル。MGMとかBellagioに泊まればいいけど、ラスベガスでお金を使うつもりがなかったので。

ストラトスフィアタワー

ホテルの近くにタワーがあったので、そのタワーまで行ってみた。「ストラトスフィアタワー」と言うらしい。このタワーの上が遊園地のようになっていて、絶叫マシンがあるようだ。

ラスベガスの昼間はいまいち。カジノとかも何だか寂しげ。どうもあまり好きにはなれない。安っぽいという表現がいいような気がする。

結局やることがないので、お昼はホテル内のビュッフェで食べて、夕方シルク・ドゥ・ソレイユを見に行くため電車で移動。アメリカの食事はビュッフェが多い。

シルク・ドゥ・ソレイユのチケット MGMで夕食(パスタ)

シルク・ドゥ・ソレイユが始まる前にMGM内で夕食。さすがにホテルの夕食だけあって、まともそうなパスタが出てきたけど、やっぱりそれほどおいしくはない。アメリカの食事は期待しない方がいい。

シルク・ドゥ・ソレイユ カー(KA) の会場 舞台に入る前

シルク・ドゥ・ソレイユはいくつか講演しているけど、MGMでやってるKA (カー) を見た。シルク・ドゥ・ソレイユは全く期待していなかったけど、これがめちゃめちゃおもしろい。右上の写真の所までは写真撮影が可能で、これから先の舞台では写真撮影はできない。

KA (カー) のおもしろさは、たぶん説明しようがないと思うけど、ステージが垂直になったりと、通常では考えられないような動きをする。これは見る前に友達に聞いていたけど正直「ふーん」と聞き流していた。で、実際に見てそのすごさがわかったので、ここでいろいろ説明しても説明できないと思う。

カジノには興味がなかったけど、このおもしろさは半端じゃない。カジノなんてやっている場合じゃない。カジノに興味がない人でもシルク・ドゥ・ソレイユを見ると言うことでラスベガスに行く意味があると思う。

2日目はグランドキャニオンに行くので早めに寝た。

コメント


※管理人の承認作業まで投稿していただいたコメントは表示されません。
※HTMLタグが入ったコメントは投稿できません。
件名: お名前:
 

©2009-2017 All rights reserved.