道路情報 〜 旅するように暮らしてみれば

高速道路情報

アメリカの高速道路は無料という認識が多いが、ニューヨークは有料の道路もある。ニュージャージーからニューヨークに入る場合など$6程度かかる。これはちょっと特殊だけど、経験上、大きな橋で支払うことが多い。橋のメンテナンスのためだろうか。

大きな橋がなくても支払う場合もあるので、ニューヨークではアメリカの高速道路は無料と考えていない方がいい。それでも、日本よりは全然安い。支払う額が$1とか。$0.75とかもあり、結構厄介。それでいて有人じゃない場所とかもあるので車の中には小銭を用意しておこう。

高速道路が安いだけあって、道はあまり良くはない。穴が空いていたりもするので注意して運転すべし。そんな状態なので、バースとしたタイヤが高速道路の周りにはたくさんある。

あと、シカとか動物の死骸が多い。

一般道路情報

アメリカは右側車線ということはよく知られていること。困ったのが信号。信号は赤でも右折して良いところが多い。右折禁止の場所はちゃんと標識がある。これを知らずに赤だから待っているとクラクションを鳴らされる。ニューヨークの人はせっかちだからかな。

駐車場情報

日本と同じように、路上に駐車スペースがある。日本も最近は監視員が回っているけど、アメリカは警察が頻繁に回っている。駐車場では必ずお金を入れよう。$0.25で30分〜1時間程度とめられる。ここでも厄介なことに紙幣は使えない。アメリカはコンビニとか自動販売機とかもないから、車に$0.25とかを入れておかないと、駐車することすらできないので気をつけよう。

駐車違反は曜日・時間帯によって違うみたい。2回駐車違反をしたけど罰金は1回$15。安いと言えば安いが、$0.25コインを入れていたのに10分程度時間オーバーをしていただけ。これで$15というのはちょっと厳しい。こんな感じで頻繁に警察が回っているから、小銭があれば多めに入れておこう。

コメント


※管理人の承認作業まで投稿していただいたコメントは表示されません。
※HTMLタグが入ったコメントは投稿できません。
件名: お名前:
 

©2009-2017 All rights reserved.