NBA (バスケットボール) KNICKS vs NETS 〜 旅するように暮らしてみれば

ニュージャージー州のIZOD CENTER

アメリカの4大スポーツと言えば、野球、アメフト、バスケットボール、アイスホッケー。この中で、興味があったのはバスケットボール。正直、野球は興味がない。今回はNBAを見に行った。NBAは小さい頃にテレビで見て、「すげー」と思った記憶がある。

今回行った会場はニュージャージー州のIZOD CENTERと言う場所。ニューヨークからニュージャージーは近いので車で1時間くらい。ナビはついているけど結構迷った。

30分前の会場 ウォーミングアップ

迷った割には結構早くついて、ジャンクフードを買った。始まるまで約30分。会場はそれほど大きくない。2階席だったけど意外と見える。東京ドームとかって、はっきり言って後ろの席だとほとんど見えない。

今回のゲームはKNICKS対NETS。KNICKSはニューヨークのチーム。NETSはニュージャージーのチーム。ここはニュージャージーなので当然ホームはNETS。

KNICKS vs NETS

実際にゲームが始まるとかなり迫力がある。応援とかも会場が一体になって面白い。当然NETSの応援が多いわけ。ダンクシュートとかも当然で、アリウープなんかも普通に見ることができる。そういう瞬間の写真がないけど。

アメリカのバスケットボールはめちゃめちゃ面白かった。国際ルールとは若干違って30秒ルールじゃなく (攻撃時間が30秒) ではなく、NBAルールで24秒。当然攻撃が早くなって面白い。バスケットボールはニューヨークでも見ることができる。かなりおすすめ。

NOISE! ハーフタイム

NBAのすごいところは、タイム毎にいろんなパフォーマンスがある。飽きさせない。一度、日本のプロ野球を見に行ったことがあるけど、眠くなって途中で帰ってきたことがあった。例えば、左上写真のようにマスコットがNOISE!と言う大きな旗を持って会場を回る。で、会場のみんなが「ワーワー」騒ぐと、電光掲示板に「騒がし度」が表示される。

右上の写真は、会場の中から適当に人を選んで、ハーフラインからゴールを狙う。1回の挑戦で入れば$7,777プレゼントという物。ハーフタイムだけじゃなく、ちょっとしたタイムでもいろんな仕掛けを用意している。

102 vs 105

このゲームではKNICKSが105点、NETSが102点でKNICKSの勝ち。

リンク

コメント


※管理人の承認作業まで投稿していただいたコメントは表示されません。
※HTMLタグが入ったコメントは投稿できません。
件名: お名前:
 

©2009-2017 All rights reserved.