ANAビジネスクラス 〜 旅するように暮らしてみれば

2008年06月30日
2008年08月08日

プラチナ会員証

プラチナ会員になって、ようやくプレミアムエコノミークラスにはアップグレードされるけど、ビジネスクラスは遠かった。

エコノミーのチケットにもたくさん種類があるので、一番正規料金に近いチケットはビジネスクラスにアップグレードしてくれるが、早割の一番安いのはなかなかアップグレードはしてくれない。今回もほぼ無理と思っていたけど、ラウンジで待っているとアナウンスが。

入り口の近くのカウンターに行くと、ビジネスクラスにアップグレードしましたと言われて、ラッキーという感じ。さすがプラチナ会員。これで13時間のフライトも楽になると思った。

ビジネスクラスははじめて乗ったけど、快適度が全く違う。プレミアムエコノミーでもかなり座席は広いけど、前の座席の間隔が異常に広い。ほぼフルフラットになるので、その間隔がないとベッドにはならないからだろう。

食前酒 (お酒を飲めないので冷たい緑茶) 前菜(サーモンのポーピエット いちじく添え マンゴーソース フレッシュガーデンサラダとともに)

当然食事も違う。食事は全て皿に乗っているし、コーヒーなども陶器のカップで出てくる。食事の前に軽くつまめる物が出てきて (左上写真)、食べ終わると、青いナプキンを敷いてくれる。前菜は「サーモンのポーピエット いちじく添え マンゴーソース フレッシュガーデンサラダとともに」(右上写真) とメニューに書かれていた。

メインディッシュ(鯛のポワレ マッシュルーム風味のクリームソース) デザート(ANAオリジナル"トロピカル"パフェ 季節の果物 チーズ)

メイン料理は「鯛のポワレ マッシュルーム風味のクリームソース」(左上写真)。この機内食はニューヨークから成田に向かう物で、アメリカでたくさん肉を食べたから魚にしたが、ちょっと失敗した感じ。デザートは「ANAオリジナル"トロピカル"パフェ 季節の果物 チーズ」(右上写真) で、これはめちゃめちゃおいしかった。

食後の紅茶 メニュー

食後にはティーカップで紅茶が出てくるプレミアムエコノミーも食事はエコノミークラスと同じで、紅茶などはプラスチックのカップ。さすがビジネスクラスという感じ。

他の違いは個別についている画面が大きいのと、ブランケットが違う。エコノミークラスは薄い毛布だが、ビジネスクラスはシュラフみたいな感じ。本当に細かい違いとしては、ヘッドセットも若干違う。耳が痛くならないようなヘッドセットになっている。

座席をフルフラットにして寝てみたが、やはり機体の音はどこでも同じなので、音が気になってゆっくり眠ることはできない。ただ、眠れなくても十分疲れはとれる。足も伸ばせるし、隣も全く気にならない。ビジネスクラスならニューヨーク往復も苦にならないかも。

コメント


※管理人の承認作業まで投稿していただいたコメントは表示されません。
※HTMLタグが入ったコメントは投稿できません。
件名: お名前:
 

©2009-2017 All rights reserved.