バレーオブファイヤー 〜 旅するように暮らしてみれば

2009年05月05日

ラスベガスからバレーオブファイヤーへ

バレーオブファイヤー州立公園 (Valley of Fire State Park)

ラスベガスからバレーオブファイヤーにはたぶん車じゃないと行けないと思う。ツアーもあるみたいだけど、レンタカーの方がゆっくり回れる。

バレーオブファイヤーまでは高速道路で行くけど、アメリカの高速道路という感じで広い車線。ニューヨークの高速道路は東京のような感じで、それほど広くはない。高速道路も料金がかかるところはなかった (ニューヨークは高速が有料のところもある)。

2時間程度で高速を降りるが、降りたところあたりにガソリンスタンドがある。ここで一度給油。あと水も購入。バレーオブファイヤーに行くのであれば、ここがポイントかも。この先はお店もないし給油もできない。車がストップしたり飲み物を飲みたくても買うことすらできない。乾燥地帯なのでのども渇く。飲み物を買うことができなくても、トイレはある。当然水洗ではないが。

ガソリンスタンドで給油している車は、アメ車って言う感じの車が多い。ニューヨークはトヨタ、ホンダ、ベンツ、BMW、レクサス等で大多数を占めているが、はじめて「アメリカ」という感じの場所に着た。映画に出てくるような「アメリカ」だ。ここで水を買ったときにクレジットカードで買ったのでサインをしたが、サインを漢字にしているため「Cool!」といわれた。漢字圏の人が来ることはほとんどないんだろう。ニューヨークでカードのサインをしても、話しかけられたことは一度もない。

バレーオブファイヤーへの道

ガソリンスタンドを出てから、一本道をまっすぐ行くけど、ここは本当に自動車の宣伝に出てくるような道。もう少し天気が良ければもっとかっこいい写真が撮れたと思う。ラスベガス自体乾燥地域だし、道路の周りには乾燥に強そうな植物しかない。

ちょっと失敗したのがレンタカーはオープンカーでも良かったかなぁと思った。乾燥地帯なので、雨が降ることはほとんどないので。

遠くに赤い岩が見えてきたから、あのあたりだなぁというのがすぐにわかる。グランドキャニオンも良かったけど、バレーオブファイヤーはもっといい。なぜ良かったのかというのは、たぶんまだそれほど観光地じゃないためだと思う。人が少ない。

他の惑星に来たような風景 不思議な岩がたくさんある

車を運転していても車がない。写真スポットもあるけど、そこで少し人と会うくらいで、少し時間が経つと誰もいなくなる。パワーを感じる。

道がある車はない 大きな岩

地球と言うより他の星に着たみたいな感覚だ。岩に座ったりして、数時間費やした。大地からパワーをもらった感じがした。キャンプ場もあったので、キャンプをしている人もいた。

ここのキャンプ場はわいわい、がやがやではなく、1人で来ていて、本を読んだり、星を見たりするようなキャンプなんだろう。将来もう一度来たいと思った場所だ。

ここで残念だったのが、デジカメの電池がなくなったこと。これはひどい。昔のデジカメは2泊3日程度の旅行だったら全く充電をする必要がなかったのに、バッテリーが小さくなったのか電池切れ。まぁ、思っていたような写真は全部撮れたから良かったけど。

暗くなってきたので、本当は星を見てから帰りたかったけど、雲が多くて星が見られないと思い、そのままラスベガスに帰った

コメント


※管理人の承認作業まで投稿していただいたコメントは表示されません。
※HTMLタグが入ったコメントは投稿できません。
件名: お名前:
 

©2009-2017 All rights reserved.