銀行情報 〜 旅するように暮らしてみれば

シティバンク銀行

シティバンク外貨キャッシュカード シティバンクキャッシュカード

アメリカと言うよりはニューヨークに行く場合は、シティバンクの外貨キャッシュカードを作ると便利。外貨キャッシュカードは左側のカードで、通常のキャッシュカード (右側) でも現地で引き出すことができるけどレートが良くない。

ニューヨークにはシティバンクがたくさんあるので、銀行が無くて困ることはあまり無いと思う。

外貨キャッシュカードのメリットは、円高の時にドルに換えて、外貨キャッシュカードの口座に入金しておけば、現地のシティバンクで引き出しても手数料は取られない。

シティバンクの仕組みはいまいちよくわからないが、円普通口座、イーセービング口座、マルチマネー口座、外貨キャッシュカード口座の4パターンあり、必ずマルチマネー口座を経由して資金移動が必要だ。たとえば、円からドルに換えるときは、円普通口座からマルチマネーのドル口座にし、マルチマネーのドル口座から外貨キャッシュカードの口座に入れ替える。同一通貨の場合は手数料はかからないので安心。この場合、手数料が発生するのは円普通口座からマルチマネーのドル口座にする場合、中値決済ではなく、1円取られる。例えば、中値が110円だった場合、円からドルに交換するのに111円と言うこと。ドルから円は109円。

シティバンクゴールドの場合 (月平均で1,000万円以上入金) は日本に帰ってきても便利で、ドルを銀行に持って行けば、ドル預金に手数料がかからないで入金できる。出金しても出金手数料はかからない。現地で余ったお金を全部使おうとしないで、余ったお金は持って帰ってきて、ドルのまま預金しておくのがいい。下手に成田空港で交換するよりはそのまま預金して、次回使えばいい。もし、外貨のまま預けていて、レートが良くなったら円に交換すればいいだけだ。

HSBCプレミア

HSBCプレミアは2007年、2008年の旅行の時には日本になく、帰ってきてからできていた銀行。これは一度資料請求をしたときに便利だなぁとおもったのが、HSBCプレミアのキャッシュカードは現地で中値で引き出せるとのこと。レートが非常にいい。ただ、HSBCプレミアという名前の通り、1,000万円以上の預金残高がないと口座維持手数料が取られる。

HSBCはマンハッタンに行けばあるが、郊外では見かけないので、やはりシティバンクの方がいいような気はする。ニューヨーク郊外で多かったのはJPMorgan Chase。JPMorgan ChaseやBank of Americaは日本国内で使える口座はないので、シティバンクかHSBCプレミアのどちらかになると思う。

リンク

コメント


※管理人の承認作業まで投稿していただいたコメントは表示されません。
※HTMLタグが入ったコメントは投稿できません。
件名: お名前:
 

©2009-2017 All rights reserved.